つがるの木村の畑から店長日記

社長ってどんなひと?

こんにちは。
「つがるの木村の畑から」 の山口です。

前回も写真を載せましたが、今回は社長の木村をご紹介したいと思います。
社長
農業一筋47年! 子供のころから農業が好きで農家になった社長です。
(ちなみに「社長」と呼ばれるのは照れくさくて苦手だそう)
  
  
若くして大規模農業を目指し、実際に数人の仲間と農場経営をスタート。
その後、独立して現在の「有限会社サンアップル醸造ジャパン」を設立しました。
  
  
【関連書籍】
超大型農業を成し遂げた男たち―津軽・黄金崎農場物語 単行本 – 1995/3
鳴海 勇蔵 (著)
超大型農業を成し遂げた男たち
  
ウクライナでの大豆栽培の後は、ミャンマーやロシアでも、農業指導に携わりました。
今は生まれ育った津軽を拠点に、県内外の農場で農作業に精を出しています。
  
今日は、昨年の10月から続いていた林檎の剪定がようやく終わり、散髪に出かけました。
畑にいるのが何より好きな社長が、なぜ健康食品を作ったのか、その辺のお話もまたしていきたいと思います。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ